【乙宝寺はちみつ】Sサイズ(30g)

【乙宝寺はちみつ】Sサイズ(30g)

販売価格: 740円(税別)

(税込価格: 800円)

在庫あり
数量: 30g
お問い合わせ
HACHIBEI|ふるさと納税・楽天サイト HACHIBEI ふるさとチョイス HACHIBEIの商品をふるさと納税で
ご購入する場合はこちらから
HACHIBEI Rakuten HACHIBEIの商品を楽天サイトで
ご購入する場合はこちらから

HACHIBEI はちみつ

About Inventory - 商品詳細 -

商品名【乙宝寺はちみつ】SサイズHACHIBEI(はちべい) 【乙宝寺はちみつ】Sサイズ |国産はちみつ はちべいの蜂蜜 八米
内容量30g
原材料アカシアハチミツ
※シーズンにより異なる場合がございます。
採取地新潟県阿賀野市・胎内市・阿賀町
ご注意天然品のため1歳未満の乳幼児には与えないでください。

HACHIBEIの国産純粋はちみつ

About Oppouji's Honey - 乙宝寺はちみつ -

新潟県阿賀野市を中心に活動している”はちみつのHACHIBEI”では2017年新潟県胎内市の
「乙宝寺(おっぽうじ)」様の境内にミツバチの巣を設置させていただきました。

新潟県内でも屈指の名刹”乙宝寺”。
境内には歴史的な建造物も多く残り豊かな自然に囲まれております。
春はこの地域だけの希少品種”乙桜”をはじめ山桜や菜の花等、多くの花が咲き誇ります。
そして何と言っても乙宝寺の裏手沿いには県内でも有数のアカシア群生地でもある事から風味豊かなはちみつ造りに最適の場所なのです。
そんな乙宝寺で採蜜した”乙宝寺はちみつ”を是非ご賞味下さい。
HACHIBEIの国産純粋はちみつ|乙宝寺 祈願寺「乙宝寺(おっぽうじ)」には、お釈迦様の左目(乙)が収められています。
1200年以上の歴史に育まれた胎内乙(きのと)地区の四季を彩る自然が満ち溢れる境内で”みつばち”達が大喜びで集めた天然はちみつです。
”乙宝寺はちみつ”は方丈様にご祈祷いただいております。
HACHIBEIの国産純粋はちみつ|乙宝寺 また、商品パッケージのイラストにある”三重の塔”は阿賀野市で活動する画家”安永陸”の作品です。
※安永陸(やすながりく)  阿賀野市で活動する知的障碍者の画家。篠田前新潟市長の名刺デザインなどを手掛ける

About Oppouji - 乙宝寺について -

HACHIBEI(はちべい) 【乙宝寺はちみつ】Sサイズ |国産はちみつ はちべいの蜂蜜 八米◇乙宝寺とは
新潟県胎内市(きのと)にある真言宗智山派の寺院。
乙寺(きのとでら)とも呼ばれる。
天平8年(736年)聖武天皇の勅命により、インド僧バラモン僧正と行基菩薩が釈迦の左目を奉納し北陸一帯の安穏を祈って建てた勅願寺。
「今昔物語」「古今著聞集」にも登場している新潟屈指の名刹。
境内には建立400年を迎える国の有用文化財”三重塔”や、大日堂(本堂)、本坊、方丈殿、六角堂、弁天堂、地蔵堂が建つ。
釈迦の左眼を納めたと伝える舎利塔など、寺にまつわる伝説や逸話が多く残されている。
宝物殿には多くの文化財を収藏・展示している。2036年には建立1300年を迎える。

◇社会福祉法人 とよさか福祉会 クローバー
新潟市北区にある障碍者施設「クローバー」。
身体・精神の障害をもっている人と、障害をもたない人の四者が通い活動し、生産するところ。
「人々の活発な交流が生まれるところ」をテーマに活動している。”乙宝寺はちみつ”含め、八米の瓶詰め作業を委託しております。

HACHIBEI グッドライフアワード

Good Life Award - グッドライフアワード -

はちべいは新潟県阿賀野市を拠点とし、2017年から耕作放棄地を活用した蜜源植物を栽培、
おいしい国産はちみつを生産しています。
開発や環境の変化に伴う同植物の減少は、環境指標生物であるミツバチの数も減少と比例します。
はちべいでは年々広がり続ける耕作放棄地に景観を兼ねた蜜源植物を栽培することで、農地としての再生を目指しながらそこを訪れる人達が元気で幸せになるような景観を造り出す取り組みを行っております。
HACHIBEI はちみつ
その花畑造りには農業者である八米と働き場所を求める福祉事業所とが連携、
共同作業を行い障碍者の集いの場所となっています。
その活動が他県にも伝わり、2018年からはミツバチの研究を行う大学、農業関連会社、他県養蜂家との合同プロジェクトに発展し、更なる規模拡大を目指しています。
HACHIBEI はちみつ
これらの地域の景観づくりや、障碍者雇用への貢献が高く評価されたことにより、
環境大臣賞優秀賞をいただくことができました。
この取組みを通じて、古き良き日本の里山の原風景を取り戻した養蜂園を造り、携わり・訪れる人々を含めた動植物が笑顔になれる地域造りを目指し、全国へ発信をしていきます。